沿革・概要

沿革

 福島大学保健管理センターは昭和56年4月に設置されました。 翌年の昭和57年 3月に現在の建物が竣工して、同年4月より本格的な保健管理業務が開始されました。

概要

 保健管理センターは、本学の学生および教職員の健康の保持増進を図るために、保健管理に関する専門業務を行う施設として設置されたものです。
 現在本センターには、医師(内科・外科、精神科)・保健師が配置されており、心身の健康相談、救急処置、健康診断などを行っています。 学生のみなさんにおいては、自分の健康は常時自分で管理することを心がけ、本センターを有効に利用してください。